てんかん持ちOLの徒然日記

気の向くまま。

徒然なるままに。6

 皆さん、こんにちは夕影です。

 今回も雑記をお送りします~。

・繁忙期終了

 無事に終了しました!よかった…。

 去年に比べればめちゃくちゃマシでした。一年間色々資料を準備していたし、ゴールが見えていたので確かに途中つらかったりしたけど、着々と進んでいる感覚があり、時には先輩に頼ったりして順調でした。

 どうして繫忙期直前に入社したのか、と去年の自分を恨んだりしたけど、2年目がかなり楽になったので今となっては感謝しています。やっぱりなんでも一番最初がつらいのかもしれない…。

 

 終わった直後は1週間ぐらいぼーっと過ごしていました。燃え尽き症候群(笑)。最近またようやくスイッチが入ってきた感じです。かなり仕事慣れたなーと思う。しみじみ。

 

・仕事のもやもや

 個人的に開発者めちゃくちゃ頭がいい!と思っているシステムがあります。便利機能もかなり多くて、最終的な制作物を見ていると「複雑な作成フローがよくぞこんなに簡単に…!」と感動する。あとはちょこちょこその時のデータを入力すれば色んな所で機能が働いてかなり時短!な優れモノでした。

 それなのに同僚がいざ作成した資料を見てみたら、びっっっくりするほどその機能を使ってなくてがっくりしました。自分がシステム開発者だったら泣いてしまいます。よくぞこんなに設定を無視することができるな…と思うレベル。システムにおいて無駄なものなんて存在していなくて、先人たちの知恵が詰まった美しい数式のようなシステムを真っ向から無視、むしろ機能を消していくレベルで、本当に肩を落とす勢い。バカとハサミは使いようっていう意味合いを理解しました。…っていうか元々入っている関数を消す人って本当に何なんですかね…?

 

 在宅勤務なので、誰かが作業しているのを画面共有で見ることがあります。それがなんだかびっくりするほど遅くて…え?スローモーションか?と思わされることがありました。あれやって、これやって、色々工夫すれば時短になるだろうって思いました。

 会社員のつらいところは作業が早く終わったからといって、家に帰れるわけではないことだと思います。「手が空いたの?じゃあこれもお願いしていい?」という疑問形の命令が降ってくることがあって、かといって仕事が増えた分がお給料が反映される訳じゃない…。

 やっぱりそういう現場に遭遇するとやる気をなくしちゃいます…。別に今の会社が、という訳ではなく前の会社にもそういうことはあったので結構社会人あるあるじゃないでしょうか。一方で定時上がりしてると暇人だと上司に認識されてしまうのがつらい。頑張って色々効率化図って努力しているのに、その努力して確保した空き時間に別の仕事が降ってくるんです。そして別に給料は上がらない。むしろ仕事をだらだらとやっている人間のほうが残業代が増えてお得だったりする。あーだったら努力なんて必要ないじゃんって諦めの気持ちが降ってきました。まさに無です。みんなどうやってモチベーションを保っているんだろう。

 

 あと社内に個人的にとっても仕事してて、人柄もよくて尊敬している方がいらっしゃいます。常に笑顔を絶やさず文句もなくて、その上仕事は素晴らしくミスもない…。見ててつらいのがその人のお仕事がいわゆる「社内技能」だということです。どこにでも通用するような分かりやすい技能(資格とか?)ではなく、社内の業務フローに特化したもの。給料は需要と供給によって決まります。絶対に必要な保育士さんや介護士さんのお給料が低いのと同じように、その方のお給料もそんなものか…と思うとやるせなさがすごかったです。

 

・薬疹

 とある日、突然全身に赤い発疹が出てとてもびっくりしました。痒くもなければ痛くもないし、別段体調不良もなかったのですが、もう本当に気持ち悪くて気持ち悪くて、ただただ不安でした。自分の直近の行動を振り返って、ネットで症状をひたすら検索しました。何か変なものに噛まれたんだろうか、何かに触ったのだろうか?ぐるぐると負の感情に支配されていました。

 結局原因は最近服用し始めた某お薬だったと思うのですが、あの時のやる気のなさは凄かったです。鏡に映った自分の不細工さを二度と思い返したくありません。またネットで出てきた恐ろしい画像の数々…あのグロ画像に比べれば自分の発疹なんて可愛いものでした。

 今回の件で、人生で初めて薬疹という単語を知りました。もちろんどの病院に行っても「過去に薬でアレルギーが出たことはありませんか?」という質問は受けるのですが、私のリアクションなんて「あるわけないやん(笑)」ぐらいの小馬鹿にした態度で、今となっては過去の自分が恥ずかしいです。薬には合う合わないが存在するのはなんとなーく知っていたけど理解はしていませんでした。また薬疹も服用してから二週間ぐらい経過してから起ったので、そんなにタイムラグがあることが驚きでした。

 その後病院では別の薬を処方されたのですが、いまだかつてないほど真面目に説明を聞きました。自分は痛い目を見ないと分からないのでしょうか…。

 一番びっくりしたのは、親に不安で電話してしまったことです。私は電話する前に既に親がなんて言うか予想できていました。プロじゃないのだから「とりあえず病院に行け」、間違いなくこれ一択です。それでもその時の覆いかぶさってくるような不安から逃れたくて、電話せずにはいられませんでした。そして予想通りの親の回答を聞きながら、多少気持ちが軽くなっていくのを感じました。なんていうか…やっと独り立ちできたと思っていたけど、まだまだのようです…。

 

・『アンナチュラル』『MIU404』

 面白かったです!!特に『アンナチュラル』は石原さとみさんの作品で一番好きです。曲のかかるタイミングが完璧でした。後半はもう先が気になってしょうがなくて止まらなくなりました。解剖学は歴史と重なる部分があると思います。「生きている人のための学問」。シーズン1が最高すぎたので、シーズン2の作成は難しいだろうな…せめてスペシャルドラマとして復活してくれたら嬉しいなと思います。

 

 それではこの辺で!

 

2021年総決算~お金まわり編~

 皆さんこんにちは、夕影です。

 自分の考えをまとめたいので、以下雑感。

 誰かに伝えたいというよりは、未来の自分に向けて。

f:id:yuukageblog:20220219124040j:plain

 

・クレジットカード

 元々1枚持ってたけど(よく分かんなくてとりあえず親と同じもの)、さすがに保険としてもう一枚ほしかったので新たにもう1枚追加しました。

 が、選ぶの大変やった(笑) こんな種類あんの?って思いましたね…正直違いが分からない!選択肢が多すぎると却って選べないのって本当だったんだなー。ポイント還元率で選ぶのがいいんだろうけど、引っ越してすぐの段階だったら普段自分がどのお店で買い物するのかまだ定まっていない状況で更に動けませんでした。

 比較サイトでなんとか絞って、最終的にはほぼ勢い(笑)

 

 親に「何枚でも作れるんだから気軽に作りなさい」って言われて確かに~って思いましたね(笑) 失敗できるものっていいですね(しみじみ)。

 

・家計簿

 実家にいたときもざっくりとはつけてたのですが、正直意味がないものでした。真剣さが全く足りなかった。

 一人暮らしとなるとかなり意識が違います。他人事じゃないって気持ちがかなり強いです。当事者意識が生まれました。

 

 最初はネットから適当にテンプレートExcelをダウンロードして、なんとか運用していましたがなんだかんだ使いづらくて、そのテンプレートを参考に自分でオリジナルのものを作りました。

 とはいえこの一年のものは全く参考になりません(笑)暮らしに必要なものがそもそも揃っていなかったので予想外の出費が多いこと多いこと(笑)

 固定費の出費も、どの月をどの月にのせるか明確なルールが定まっていませんでした。支払い料金のお知らせが来る月と、実際の支払日は異なるということにそもそも気付いていなかった…。いや、知っていたけど実感がやっと追いついた。

 だからルールを決めないと訳わけんないことになる。月に1回しかやらない作業だから時間が経過すると忘れる鳥頭っぷりでした。

 途中から電子マネーを常用するようになったので更に混乱しましたね…。色んな決済方法があるのは便利だけど間違いなく振り回されました。

 

 とりあえず2022年から真面目に家計簿をつけるとして、ざっくりルールを自分用にここに書いていこうと思います。

 

目標(家計簿をつける意味):

 1年間にどれくらいの生活費が必要なのか

 1年間にどれぐらい貯金ができそうか算出すること。

 

 掘り下げます。

 

 生活費:

 今の仕事はそこそこ忙しくて大変です。

 その大変さを補うために外食が増えたり、甘いものが増えたりして、結局何やってるんだろ?と無を感じることが何度かありました。

 生きるために働いているのに、仕事のストレスを解消するためにお金を使ってたら本末転倒じゃないか?そんな自問自答を何度か繰り返しました。

 

 そのため1カ月の間に自分が最低いくらあれば快適に過ごせるのかを自分で知りたいです。

 多分いらん買い物いっぱいしてると思うけど、とりあえず自分が何にお金を使っているのか(好み)、どういう時にお金を使いがちなのか(習性・傾向)を把握します。

 

 貯金:

 そろそろ考えないといけない分野ですね。去年は「現在」に適応するのに精いっぱいだったけど、今年は少し「未来」を視野に入れようと思います。

 貯金の必要性はもちろん感じているのですが、貯金を意識しすぎて日々の生活がボロボロになっても意味がありません。ここはバランスが難しいところ。未来への投資だと割り切って大胆にお金を使うことも時には必要。

 

 今の生活から大体いくらぐらいを貯金に回せそうか考えていきたいと思います。巷でよく20代のうちに1000万円達成とかみるけど、今のところそういうのは特にない。まだ将来こういうことがしたい、というのが思いつかないから目標貯金額も設定できません。

 とはいえ、20代のうちに1000万円達成は目に見えて分かりやすい指標なので、思いつかなかったらもうこれでもいいかも…。いやでもやる気のない目標は努力する気にもならないから、それならいっそ決めないほうがいいのかな。うーん分からん。迷子(笑)。

 

以下、具体的な家計簿を運用するためのマイルール:

 

原則:年間通して同じルールを運用する。

 あっっったり前なんだけど!!(笑) 去年は本当にこれができてませんでした。

 できないと思ったら都度修正を入れるけど、とりあえず今回決めたルールを守る!

 

新マイルール①支払い月ベース:実際に銀行から支払った日、手元からお金が消えた日を採用

 特にクレジットカード!最初はカードを使用した日で集計してたけど、ものによってかなり時差があって集計漏れが起こることに気付きました。

 

新マイルール②食費と消耗品費は一括

 これ最初分けてたんですよね…。スーパーで買ったものは食費で、薬局や100均は消耗品費っていうか生活費?みたいな。でもスーパーで食材以外も購入するし、薬局で食材購入することもあるのでもう面倒になりました。

 運用できないルールは撤廃すべし。生きるために必要なお金は一緒でいいや。家計簿は継続してこそ意味があるものです。

 

新マイルール③現金・交通系ICカードはなるべく使用しない

 現金・交通系ICカードは記録が残らなくて、残すためには領収書をもらう必要がある。自分はこの領収書が溜まっていくのがとてつもなく嫌!ストレス!財布やカバンのスペースをとる上に家に持ち込みたくない!

 結果として、なるべく現金・交通系ICカードはなるべく使用しないという結論に至りました。

 あとこの2つはポイントがつかないという理由もあります(交通系ICは正確にはあるけどなんか設定が面倒でやめました)。

 なるべくクレジットカードやID、あとキャッシュレス決済。自分はPaypay派です。なるべくPaypayと思ってましたが電波が悪い所で使用しようとするといまいち上手く動かないということが先日ありましたので、IDが今のところ一番安心かな。クレジットカードはいちいち暗証番号の入力を求められるのが面倒(ズボラ…)。

 

 現金・交通系ICカードは一番強いのは間違いないので、勿論持ち歩きますがなるべく使わないお守りのような存在にします。

 蛇足ですがPaypayは友達間でお金の送金ができるのがいいです。最初楽天payも同時に始めたんだけど、思ってより取扱のある店舗が少なくてやめたという経緯があります。

 

 なんか予想外に長くなった…びっくり。

 

 とりあえず今1月分の家計簿はこれで作ったので、今後も引き続きこれで運用していこうと思います!

 

 他の人と自分を比べない!!

 過去の自分を超えろ!!

 

 

3why - Before -③

 皆さんこんにちは、夕影です。

 めちゃめちゃ間隔が空いてしまったけど、3why - Before -シリーズ最後の、第3弾はお仕事について!

 

 あまり詳しく書くと身バレになりそうなのでざっくりだけど、

 

 前職の環境

 

・従業員10人ぐらいの小規模

 Good: アットホームな環境、お局さんと仲良くしていれば平和。何もかもがゆるゆるで時間がゆったり流れていました。お客さんからお菓子もらったときに一人分の取り分が多い(おい)。

 

 Bad: 従業員が固定化しすぎて、刺激がない。常に同じ人と喋るので自分が染まりそうなのが怖かった。ちょっと同調圧力も嫌だった。もう少し視野を広げたかった。

 それからドラマとかでみる「他部署を巻き込んで~」みたいな組織体制を一度経験してみたかった。会議とかないのであんまり社会人感がなくて寂しく思った。

 

・社長のワンマンスタイル(社長自身はとてもいいひとで、当たりの部類だったと思います)

 Good: しまった思いつかない。黙々と仕事をこなしていればよい?もし自分が将来独立するときはどうやって経営を回していくかを相談したら色々教えてくれそうな気配はあった。

 指示系統が1つなので責任の所在が曖昧になることはなくて、それはよかった(これは転職してから気付いたこと)。

 

 Bad: 上司が社長だけで、あとは平社員という状況。この社長のやり方しか知らないのは危ないなと思いました。色んな人の仕事のやり方をみてみたかった。他の例が欲しかった。もし社長が倒れたら確実に路頭に迷うのも怖かった。

 会社の経営状況を全部社長が握っていて会社が今どういう状況なのかよく分からない。査定も社長のひと思いで決まるので、業績評価が明確ではない。

 良くも悪くも自分の命運を全て社長個人に委ねる感じがして、先行きが不安だったかも。

 

・小規模なクライアント

 Good: 初心者にはちょうどいいというか、やりやすかったかな。OJTが終われば一人で仕事できたので働きやすかった。

 Bad: もうちょっと社会に影響を与えるような大きな仕事がしてみたかった。あとチーム制というものを体験してみたかった。誰かと組んで仕事をしてみたかった。

 

 ざっくりいうならば、もうちょっと会社っぽい会社に行ってみたかった、ということになるのかな。ドラマとかでよく見る部署異動とかが起きるような。

 

 そして今。

 まさに「隣の芝生は青く見える」状態です。

 

 大企業は組織の駒というのもよく分かる。

 分業化されすぎてやりがいがない、みたいのも実感。

 「これどうしたらいいの?」みたいなたらい回しを経験(人がいすぎる)。

 特に自分が参加する意味のない会議に出席しなければならない…。

 

 等々。

 

 そして一方で、

 

 色んな人のやり方が見れました。前の会社はこうだったけど、こういうやり方もあるのかと実感。ここで対応できるかどうかが中途採用が馴染めるかどうかの分かれ道だと思う。一つのやり方に染まり切る前に転職してよかったと心から実感した。

 「これを進めていくなら、あの部署の○○を呼んできて割と大規模な案件に~」みたいな出来事にも遭遇。

 突然の部署異動(組織って感じ!)。

 福利厚生がきちんとしていて、残業代がきちんと出る!(人事がしっかり機能してる!)

 勉強したい人にはプログラムが用意されている(問題は忙しすぎてやっている暇がないことだけど)

 人の出入りが激しくて、新しい人にはしょっちゅう会う(仕事で関わらないと特に接点はないけど)。

 チーム制の仕事は、まじで「誰と組むか」です。同じレベルの人と会話しているときの爽快感は最高です。会話がストレスフリーで、どかどか前進している感触。

 

 まぁ、視野が広がったのは間違いない。

 そして自分をこうやって俯瞰できるようになるまで1年はかかった。

 

 ここからが人生の分かれ道な気がする。

 

 大企業の組織の駒として、

 プレイヤーとしての専門性を高めていくか、

 出世して中間管理職になり、上と下からの板挟みになるか。

 

 どこか小さな企業で、やっていくのか。

 その場合は専門性と管理職的な両方を担うことになるけど、自分で仕事をコントロールしている感触もある。

 「鶏口となるも牛後となるなかれ」は一理ある。

 

 どれくらいのお金がほしいのか。

 プライベートの時間をどれくらい確保したいのか。

 

 都会に住みたいか、もう少し自然がほしいか。

 

 一人で暮らすのか、誰かと暮らすのか。

 

 どこで仕事するのか、どうやって仕事するのか。

 

 何が欲しい?

 何を手に入れたい?

 

 どんな人生を歩みたい?

 人生の舵取りは私の手の中にある。

 

 考えることが山積みです。

f:id:yuukageblog:20220205122217j:plain

 

2021年総決算

 皆さんこんにちは、夕影です。

 例年通り、2021年を振り返っていきたいと思います。

 自分の環境を変えてから、早1年?早いような、遅いような。

f:id:yuukageblog:20211226151410j:plain

 

・目標達成具合について

 そもそも目標を達成しなかったので(笑)、なし!!

  

 生きてる。こんな状況の中で。

 それだけで十分じゃないか。

 

・仕事

 なんとか生き残っています。本当になんとか、という感じだけど。

 外資は本当にスピードが速くて、それが心地よいときもあれば疲れるときもある。週2で出勤はちょうどいいかもしれない。これから繁忙期突入なので、去年を思い出して震えています。嫌だなー職業柄しょうがないとはいえ。週一の休みは確保したい。

 噂通り人の入れ替わりがびっくりするほど激しい。2年在籍したらもったほうという認識です。理由は色々とあるだろうけど、労働に対する給料の低さ、長期休暇の取得ができない、人が代替わりしまくりがゆえに残っている方が割を食う(ひたすら新人に教えることになる)、プライベートが削られる、などがあげられるでしょう。誰がいつまでいるか本当に分かりません。疑心暗鬼になるし、優秀な人ほど転職します。いつ転職する?が合言葉。

 あと「周5、1日8時間労働」は家で誰かかが家事を全部やってくれている、という前提で成り立つという話を聞いて、本当にその通りだと頷かずにはいられません。誰かがご飯作ってくれたら、と何度思ったか。仕事に全力すぎて、家事に回す力が残っていないことが多いです。水曜日をお休みにするのがに一番ちょうどいい。

 私は年収をかなり今まで重視してきたのですが、この忙しさを経験してかなり価値観が変わりました。出世欲も多少あったけど、完全に消え去りました。プライベートと仕事を天秤にかけて、そして一人暮らしを経験していくらぐらいの生活費が自分にとって必要なのか、真剣に考える必要がありそうです。生きるために働いているはずなのに、仕事で得たストレスにお金を浪費していくこのねじれ現象。色々考える必要がありそうです。ちょうどいいバランスを見つけなくては。

 

 

 

・家

 かなり快適になりました。長時間家にいても苦じゃない。引越当初、実家の部屋のものをほぼ丸々持ち出したのは本当に正解だった。周りの環境が全て新しいなかで、唯一の逃げ場であるベッドが長く親しんだものだったのは心の支えでした。ベッドはもう長年使っていて買い替えるか迷っていたので本当に正解だった。

 今の家の契約が切れたら引っ越す予定なので、どのあたりにするか考え中。お皿も新しいものがほしいのだけど結構2枚セットが多くてそんなにいらない…となってしまいます。本当はソファや棚だってほしい。次引っ越したらもうちょっと身の回りのものをお気に入りで埋め尽くしたいです。

 自分にとって理想の環境を考えたときに、どうしても実家になってしまうのが何とも言えない気持ち。

 

・地理感覚

 かなりマシです。色々動いてなんとか。

 いわゆる観光地には余り行ってないです。いつでもいけるからと言い訳して(笑)

 さすが都会、人が多すぎて落ち着かない…緑が恋しい、自然が恋しい。

 次住む場所はもっと閑静な地域にしよう。

 

・コロナ

 だいぶ落ち着いた印象です…。もう影響あるとしたらマスクぐらいではないでしょうか。そんなことない?海外旅行ばっかりはもっと先か。

 弊社では忘年会が復活したり、在宅から出勤へと切り替わったり、満員電車で揉まれたりしています。

 人と話していると早めに体力が切れます。どこにいったの体力。

 

・持病

 発作は出てません。本当によかった。

 薬の飲み忘れもないと思うけど、偶に飲んだか分かんなくなって二重で飲んでる。それ自体は問題ないと主治医に言われています。

 ずっと気になっていた妊娠と運転について聞いてきました。自分もお年頃というやつでしょうか(?)。

 妊娠はできるそうです。今飲んでいるイーケプラが一番妊娠に影響が出ない薬で、妊娠しても飲み続けるもの。別に子どもがほしいと思っている訳ではないけど、それを将来設計に入れるか入れないかでかなり人生の選択肢が変わってきます。子ども…ほしいとは特に思わないけど…なんでみんなほしいの…どうしよう…いつか自分もそういう気持ちになるんだろうか。子どもは可愛いと思うのだけど、人の人生を背負いきる覚悟がまだできていません。言葉が通じる大人ですらこの疲労感なのに、子どもとなると…(白目)

 運転は発作がもう2年以上出てないので、取りたければ免許取得可能。運転自体は私は特に好きではないのですが、自然が好きなのでやはり車があると便利だなと思いました。アクセスがやはりいいし、車の中のプライベート空間は本当に楽。荷物が多くても軽さは意識しなくていいし。どこかに行く場合、どうしても友達に連れて行ってもらうことになるのですが、やはり相手の負担になるし、私だって相手の体調に何かあれば帰れなかったりして焦ってしまう。だからお願いしづらい。だから今すぐとはいわないけど、将来的に取得して、よっぽどの場合じゃないと運転しない方向にもっていきます。月に何回かリハビリがてらに周囲を運転するぐらい、しかも体調がいい時に限るという感じでしょうか。あまり人気がないところで、発作が起きても誰も傷つけない場所で練習しようと思います。

 

・資格試験

 ダメでしたー。もうね疲れちゃった。次に向けてを考えなきゃいけないのに脳が完全に思考拒否です。

 罪悪感がないところが今年は少し違うかも。親に家事を肩代わりしてもらったりしたけど、今年はそれがないから申し訳ないとは思わなくて、ただ自分の力不足。しかも今年は環境を変えたからと言い訳し放題です。

 

 どうしようかな、本当に。

 スイッチが完全にOFF状態。

 

 どうしよう。

 あぁパトラッシュ。僕もう疲れたよ。

 

半年。3(と、いいつつそれ以上)

 ようやく仕事のお話をしようと思います(なんでこんなに長くなってるんだ)

 この前の記事を上げてからかなーり間が空いてしまって、半年といいつつ余裕でそれ以上です…。

 以前の記事はこちら↓

yuukageblog.hatenablog.com

yuukageblog.hatenablog.com

 

f:id:yuukageblog:20211103095645j:plain

 

・入社直後の繁忙期。

 意識飛んでました。つくづく業界経験者でよかったと実感しました。とはいえ同僚に比べれば仕事内容はかなり手加減されており(さすがに入社直後)、次の繁忙期が怖いです。

 同じ業界、同じ業種への転職でも、細かなルールがやはり違っていて勝手が分からず右往左往。そもそも資料が置いてあるフォルダがどこにあるのか分からない!そして忙しすぎて誰にも聞けない!まぁ、しょうがないから結局人に聞くんだけど、みんなピリピリしてるから怖すぎる。何度泣いたか。

 なんかもう期限に間に合う気はしなかったです。初めての作業というのは変なところで躓いていたりするので、とりあえず上司に回してました。質よりスピード優先。「完璧を求めるよりまず終わらせろ」という格言がずっと頭の中をぐるぐるしていました。

 明らかに休日出勤しないと間に合わないんだけど、やり方が分からないから先輩も出勤してないと仕事できなくて、結局平日残業でなんとか対応。よくぞ終わったなぁ、と何度も思う。

 

・上司ガチャ。

 とりあえず当たりです、今のところは。仕事さえきちんとしていれば、ちゃんと助けてくれる人たち。有休も積極的に推奨してくれるし(というか、本人が凄く取得してる)。凄い遅い時間にメール返信があったりとたまに働き方が怖い。微妙な部分もあるけど、十分当たりの部類だと思う。

 他の部署がどうなっているのか本当に謎でしたが、ドクターストップが続出しているところもあるらしく、恐怖に怯えています。

 

・残業手当。

 みなし残業超過分、ちゃんと支給されます。よかった。前のとこは出なかったし、うちの業界はわりとこの辺ゆるいのであまり期待してなかったけど、とりあえずふぅ、という感じ。

 むしろ残業しすぎて呼び出されました…。だったら仕事減らしてくれ。

 

・同僚。

 まじで合わない先輩が一人いて、ちょっと病みかけました。が、向こうが転職したので今の職場の人間関係はいい感じです。その分の引継ぎが急遽きたので繁忙期終わったはずなのにぷち繁忙期になったりしました…しょっく。そしてその補填に入った後輩ちゃんへの引継ぎで結局また忙しかったな…。

 こんな教えるくらいなら、自分でやるわ!と何度もなったけど最近ようやくマシ?になってきて一安心です。自分に足りないのは忍耐なのだとつくづく実感しました。人に教えるって予想外に疲れるし、時間も持っていかれる。自分の作業が全く進まない。飴と鞭の匙加減が本当に難しい。

 繁忙期に私に仕事教えてくれた先輩方って本当に凄かったんだなぁ、と。尊敬。

 

Excel

 クライアントの規模がかなり大きくなって、以前ならあまり作業時間がかからなかった仕事がどかんとでかくなりました。データ集計だけでめっちゃ時間を持っていかれます。Excelの容量がめちゃめちゃ重いです。立ち上げるだけでたまに死にそう。フリーズされたら私が死ぬ。常に上書き保存。

 そして大活躍なのがexcelの関数。自分の関数のスキルを上げざるを得ない状況に追い込まれました。Excelってつくづく奥が深いですね。Vlookupやピポットは神だと思います。あの表だけでも色々加工できちゃう。SUBTOTALも大好きです。SUMIFは到底足りず、SUMIFSばっかり。この関数をいかに組むかでその人の脳のレベルがバレますね。たまに凄く頭が悪い関数を自分で組んでて、恥ずかしいです…。

 関数は自分が知らないだけで他にもいっぱいあって、存在してるってことは何かしら意義があるはずで、時間みつけて研究したいです。全部で何個あるんだろう。

 他にもWindowsのショートカットキーとか。知らないだけでまだまだあるから、役立つものは取り入れたい。作業能率ばんばん上げて、作業時間短縮したいです。

 ちゃんと社内研修は用意されていて、履修することを推奨されているので、仕事の合間に30分とか?ちょこっとでも見るようにしています。いい息抜きになったりする。

 

・社風

 やっぱり全然違いますね。前職では評価されることが、現職だと評価される。逆も然り。一つの会社に長く居続けると頭ががっちがちになるので、自分は転職推奨派です。視野が狭くならないようように、自分の考えが固定されず柔軟であるために、転職はやはりしたほうがいいと思う。世界は広いのだと、今あなたが評価されていないのならそれはあなたが悪いのでなく労働環境が悪いという可能性は十分にあると思います。そして環境に適応できるよう頑張ることが自分の成長に繋がると思う。
 せめて部署異動とか、何かしら環境は変えたほうがいいと思いますね。

 同じ業界、同じ業種で自分は転職したのにこんなにも世界は違うのだから、異業種転職は本当に勇気が必要だな、とその重みを実感します。その勇気に敬意を。とはいえ今の業界しか知らないのも危ないのかなぁ…と思ったりしていて、悩ましい日々です。まぁ、それは今の会社で数年頑張ってから考えようと思います。

 

 以上!

 また思いついたらまとめますが、とりあえず今の雑感でした。

恋愛・結婚に対する価値観について

 皆さんこんにちは、夕影です。

 今回のテーマは恋愛・結婚について、ダラダラと綴っていきます。まとめる予定もないのでそれでもOK!な方はお進みください。

f:id:yuukageblog:20210918173333j:plain

 

 他人がこの話題についてどう思っているのかが知りたすぎて、結構そっち系の動画や記事を漁ることが多かったです。この話題について人の価値観って本当に千差万別で観ていて面白い。

 20代の女性は結構シビアになってくるこの話題。周りにも恋愛を卒業して結婚に突入する友人も増えてきました。おめでとう!と祝福する気持ちもとてもある一方で自分はどうなんだろう~と思う今日この頃です。正直、複雑です。

 

 恋愛を正直まだしていたいのが本音。いわゆるデートスポット的なものに行って思い出いっぱい作って、難しいことなんか考えたくないです。特に環境変わったばっかりでまだ地面に足がついているとは言えない。

 ただ自分がまだ正直そんなテンションがなくても、周りがそうさせてくれないのもまた事実…。つくづく結婚適齢期にいることを思い知らされる。親から地味にくる「どうなの?」みたいな催促がきつい。

 

 そもそも結婚したいんですか?から始めるべきか。

 

Q:結婚したい?

A:うーん。

 

 難しい!!分からん!遠い未来だと思ってたら、いや全然NOWな話題やったわ!自分のメンタル大学生で止まってる気がする(それが老化☆)

 イメージが湧かないからダメなんだろうな。憧れがない訳ではないけど、もうなんか「おいおい考えればいっか」フォルダに突っ込んでて完全に忘れてました。

 

 結婚って何?みたいな。いや、哲学かよ、みたいな(笑)

 

 要は一生を一緒に歩む人を決めるんですね。

 

 めっちゃ重要な決断じゃない??そんな大事なこと何で20数年しか生きてない段階で決められるの??いつその授業受けたの?私単位とってないけど??

 

 と、迷走するぐらいにはほんと迷子です。

 

 じゃあしたくないか?って言われたら、できるならしたい。誰かに人生で唯一のパートナーとして選んでもらえる。そんな幸せなことってある?

 結局まだ結婚に対して真剣に向き合う覚悟ができてないのが事実かな。夢ばっかりみてる(ウェディングドレス見るのめっちゃ楽しいです!)ので、現実として認識してない。宝くじ当たったら何に使う?レベルのお話。恋愛だって、もっと遊びたくない?まだ身を固めたくない、みたいな。いや恋愛を色んな人としたい訳じゃないけど。

 ってゆうか社会人になったら出会いどこやねんって話(笑)マッチングアプリ使うにせよコロナ禍で出会うのはちょっとどうよ、とブレーキがかかって動けない。でも時は止まってくれない…まじ諸行無常(語彙がない)。

 

 結婚ってわりと子どもがほしいか?から逆算されるので、じゃあ質問をかえて子どもがほしいか?から考えてみたい。

 

Q:子どもほしい??

A:自分のDNAが入っているのが可哀そうなので、入ってないなら欲しい。

 

 適者生存だと思うのです。優秀じゃない遺伝子は廃れるべきだと思う。私の遺伝子を受け継ぐ子なんて可哀そうすぎる。上司ガチャよりも深刻な親ガチャって存在してますよ。上司はまだ変えられるけど、親は選べないからね。私が母親だなんて子どもはさぞや後悔することでしょう。それが見えてる、いやまじで。子どもは普通に可愛いです、存在してるだけで可愛い。ただ自分が母親になるっていうのが想像できなさすぎてなんかもう色々無理。私は自分を世話するので精一杯。自分の人生だけで手一杯。

 

 女の人は子どもがほしくて当然☆みたいな価値観も早く廃れてくれ…。

 

 あぁ雨の日って、ちょっと妙な気持ちになります。

 特に結論はないから、ここで終わります。たまにはこーんな脳みそ行方不明な文もいいな。

 

 気が向いたら続き書きます~Bye!

 

詳しく自己紹介したい人に50の質問②

 

簡単に自己紹介。前回①はこちら↓

yuukageblog.hatenablog.com

 

f:id:yuukageblog:20210827103925j:plain

 

26、好きな映画

 "Sound of music"

 何度も観たので、殿堂入り。

 

27、好きな作家

 特にいないけど、あえていうなら有川ひろ。

 

28、好きなスポーツ

 点数差が開いても逆転がありえるようなスポーツが好き。野球とか。夢がある。

 あとあまり審議やら不正が起こりえないもの。

 100m陸上はその「人類最速を決める」っていう美しいシンプルな命題が熱い。あまりにも簡単。あまりにも単純。これほど分かりやすい競技が他にあろうか。

 フィギュアスケートはエンターテイメントとして好きなのであって、スポーツとしては賛否両論。

 

29、好きな季節

 春から初夏にかけて。新緑が芽吹く頃。

 でもどの季節にもそれぞれ良さがあります。

 

30、好きな色

 若竹色、エメラルドグリーン。

 緑と青の中間みたいな色。ティファニーみたいな。

 

31、好きなブランド

 新潮社。秋田書店中央経済社。岩波。講談社ミネルヴァ書房

 

32、今一番欲しいもの

 部屋。仕事とプライベートをわけたい。

 

33、これを無くしたら困るもの

 眼鏡、イーケプラ。

 

34、行ってみたい国

 エジプト、スペイン、ドイツ、ロシア、インド、カナダ、ハンガリーポーランドオーストリア、オランダ、ブラジル、チリ、ブルガリアギリシャ、イラン、イスラエル、ヨルダン、モロッコカザフスタンウズベキスタン、スイス。

 

35、SとMどちらのタイプが好きですか

 どちらにもなれる人。

 

36、自分はSとMどちらのタイプですか

 Sだけど、気を許した人にはM。

 

37、熱しやすく冷めやすい?

 Yes!

 

38、相談はする、される、どちらが多い?

 する側。ただ答えはとっくに自分の中で出ていて、言語化する作業になってる。

 

39、外見、内面、どちらを重視?

 内面だけど、外見は内面の一番外側で繋がっているという認識。

 

40、大雑把、神経質、どちらですか?

 神経質だけど、疲れてくると大雑把になる。

 

41、最近見た夢

 好きな人が出てきた。内容はしばらくして忘れた。

 

42、最近笑ったこと

 友達との会話。

 

43、最近泣いたこと

 友達が不妊に悩んでいて、そっち方面の知識が無さ過ぎて話を聞くことしかできなかった。あまりにも自分が無力だった。

 

44、最近怒ったこと

 後輩ちゃんの作業スピードが遅い。声から感情が消えた。

 

45、異性のドキッとする瞬間

 可愛い系の人なのに、たまにみせる男らしさ。

 

46、何フェチ

 血管フェチ。

 

47、宝物はなんですか

 愛。

 

48、自分に足りないもの

 忍耐。すぐカッとなる。

 

49、将来の夢

 世界文化遺産巡り。

 

50、これから挑戦したいこと

 体力と精神力の安定。

おしまい。