てんかん元女子大生の就活日記

てんかん持ち女子大生の就活足跡。

1789―バスティーユの恋人たち― 感想(ネタバレ含む)

 

行ってきました、東宝版『1789バスティーユの恋人たち―』!

 

実は私、舞台演劇というものを初めて観たのが、宝塚月組公演の同作品でした。

トップ男役:龍真咲さん、トップ娘役:愛希れいかさんです。

 

それ以降宝塚の夢の世界にハマってしまって、何度か観に行ったのですが、そのうち「普通の男性もいる演劇ってどんな感じ?」と気になってきました(普通逆?笑)。そんなときに舞い込んできたのが、東宝1789の再演情報!思い出の作品が、東宝版だとどんな感じなのか?ちょうど比較もできる、とワクワクしました。

 

Wキャストは、ロナン役:加藤和樹さん、オランプ役:神田沙也加さん、マリー・アントワネット役:凰稀かなめさんです。

とりあえず宝塚っぽさがない人がよかったので、神田沙也加さんの回と、龍真咲さんはロナンのイメージが抜けなくて(笑)、凰稀さんの回にしました。

ロナン役は、小池徹平さんだとちょっと革命のイメージがなくて(ファンの方ごめんなさい)、加藤さんにしました。

 

※以下ネタバレ含みますので、ご了承ください。

 

いざ開演してみると、おぉ!やっぱり男の人+子役がいると表現の幅が広い!と感動。男性のテノールが好きなので、デムーラン役の渡辺大輔さん、ペイロール役岡幸次郎さんが好きです。舞台の重厚感が凄い。響く。ズシッとくる。側転のようなアクロバットがあるのも楽しい。これがフレンチロック!?笑 年齢層が広いから表現も真実味がある。やっぱり子役は子役が演じるのが一番自然だよね…。ダントン役の上原理生も頼れるお兄さん!という感じで楽しい、盛り上がる!みてて安心感があります。パレ・ロワイヤル好きです!アルトワ伯の存在感も凄かった。こえーよ。オランプへの執着は自分は神(王の弟)なのに手に入らないはずがないっていう気持ちだってパンフにかいてたっけ。

 

好きな場面(順番適当です!( ´∀` )

・ロナン・ロベスピエール・デムーランの「革命の兄弟」!

俺たちは兄弟だ~♪の響く歌詞が好きです。少年ジャンプ作品かと思うような熱い友情が生まれた場面。本当に楽しそうなキャストの表情と歌いやすいメロディが印象的で、つい口ずさんでしまう。本当にパリが肩を組んで朝まで歩いて行けたらどんなによかったか。

 

マリー・アントワネット初登場シーンである、「全てを賭けて」。

シリアスに始まるこの公演ですが、ラマールら三人の秘密警察の登場で、一気に華やかにそして楽しい場面になります。すごいコスで現れたのでびっくりでしたし、ラマール演じる坂元健児さんの最初の一声「お待たせ~!」でもう、笑ってしまいました。待ってました!って叫びたくなったぐらい。全体を通して秘密警察三人組が本公演のコメディ要素!どんだけ催眠術かかりやすいの?って笑いが止まらなくなる。舞台に出てきてくれた時の安心感がすごいです。ご本人としては舞台の雰囲気を壊さないようにバランスに気を付けてるってパンフに書いてたなー。

この場面がほんと、舞台セットが華やかかつ豪華!宝塚版も凄かった思い出。正直目が足りないです。衣装がどうなってるのかオペラグラス使うけど、でも全体像もみたい!目が足りない!というのが本音。

 

・オランプがロナンを救出して、ロナンがキスする「二度と消せない」

 ここでキスするんかーい!というツッコミをいれてしまうんですが、ロナンがオランプに恋に落ちるシーン?だと思うので、もはや保護者気分になってしまいました。結末を知っているだけにこの時のロナンの幸せそうな表情が微笑ましいけど、やや苦しい。にしても加藤さんイケメン…。

 二回目の「二度と消せない」が、オランプがサン・ドニ教会でロナンと愛し合っているけどお互い敵同士だから別れを決意するシーンなので、一転して悲しいです。最初は恋が始まるときで、二回目は恋が終わるときというこの状況。神田さんの声がのびのびと劇場に響いて美しかったです。

 個人的には、サン・ドニ教会の舞台セットが好きでした。大きな(十メートルぐらいありそう)ガラスのドア?木製の縁取り付きが左右対称に並んでるんです。絵になる。真ん中に十字架もあって、すごい印象に残ってます。

 

・ソレーヌの「世界を我が手に」

 はい!外せない名場面!ソニンさん好きです!格好いいです!キャスト役替わりではないけど、個人的にはソレーヌはもう主役だと思ってます!この公演は、ロナン・オランプ・王妃・ソレーヌが主役!特に女性三人はそれぞれの立場でそれぞれの人生を生きた印象が強いです。ソニンさん、ずっと出ずっぱりだし、ほぼほぼソロ曲なので、一番公演で忙しいんじゃないかと思うレベル。最初の「叫ぶ声」から「夜のプリンセス」ときて「世界を我が手に」とくるので、強く生きてるな、とその成長ぶりに圧倒されます。女性陣の強さ・逞しさをソレーヌが体現してくれる。

 

・第二幕、ロベスピエールの「誰の為に踊らされているのか?」

 一番好きなシーンです。宝塚版もここが一番好きでした。集団でのタップダンス?低いきっちり揃った音が格好いい。第三身分の革命に対する強い決意が表現されていて圧倒されます。ここも目が足りないです。ロベスピエール演じる三浦涼介さんがかっこいい!このシーン、コートを脱いで上が白の袖の膨らんだシャツ、下が黒いパンツとブーツ?なんだけど、下半身ほっそ!!ってびっくりします。絶対女性より細い。スタイルいい~。

 ここ途中照明の切り替わりで、白い筋が縦・横・左右斜めでダン、ダン、ダンと入るのが格好いいんです!!!音とばっちり合う!

 

・フェルゼン伯爵

 「私はあなたと、あなたが一番大切に思う家族を守りたいのです!」というシーン。愛する人だけでなく、実質恋敵である国王込みで脱走を勧めるフェルゼン伯爵ってめっちゃ心広いよね…いい人だわ…。でも王妃は残ることを決心して愛するアクセルを伝える。実質恋の終わり。その選択によってどんな結末になるかをちゃんと分かったうえでの言葉だと分かるから、ここでフェルゼンが「くっ…!」と王妃の決意を受け入れて場を去るのが見てて悲しくもあり、胸にきます。表情は見えなかったけど想像つくから泣きそうになった。つらいよー。

 

・王妃の「神様の裁き」

 最初堕落した生活に染まり切った王妃が、息子の死を経て、オランプを見送り、フェルゼン伯爵と決別し、故郷に戻る選択を捨て、ルイ16世とともにフランスに残り王妃としての生を全うする…。一人の人物としての気持ちの変化がよく表現されていました。最後シュッというギロチンが落ちた音が入るのが王妃の結末と連想させて胸にくる。場面転換の音としても効果的。

 所々入るこのヴェルサイユ宮殿の鏡の間のような舞台セットが好き。中央の大きなものが一つ、左右に各一つ配置されるんですが、観客からは普段見えないキャストの後ろ姿がおぼろげに映るのがすごいシーンとして綺麗なんです(宝塚エリザベートのポスターみたいな?)。鏡も少しアンティークというかちょうどぼかすように浮かぶ鏡なのが更によい。特に「神様の裁き」は王妃のソロだし、素敵な白のドレスが場面として一つの世界観として完璧に成り立っていて、現像したいレベル。観客は正面から王妃の姿をみて、耳で切ない歌を聴いて、鏡に映る後ろ姿を目に焼き付ける感じ。

 

・フィナーレ「悲しみの報い」

 「歴史の狭間に 浮かんで消えてゆく

  ひとつひとつの 命の叫ぶ声が

  響き合い 重なって 明日の歴史造る

  歌い続けよう 永遠に」

 もう、言葉が出ない笑 これが革命か。各キャストが人権宣言が宣言していく場面が今までの犠牲者のことを考えると涙出そうになりました。オランプがロナンに教えてもらった言葉、「自由とは他人を害さないすべてのことをなし得ることである!」と叫ぶ場面が、ロナンはみんなの心の中に生きていて、新しい時代を作っているという遺言を再現してるのかなーうぅつらい。生きててほしかったロナン…。二人で外国に逃げて幸せに暮らしてほしかった。

 

 他にも好きなシーンはありますが、とりあえずここまで笑 もう一回観に行きたい。サ・イラ・モナムールが耳から離れない。

 個人的には照明が好きだった。ちゃんとヨーロッパの石畳を証明が再現できてるのが感動しました。最近の技術凄い。

 結局ロベスピエールは恋人いるの?笑 ダントンにはソレーヌ、デムーランはリュシルがいるけど、ロベスピエールは?あの青いスカートの女性は違うの?笑

 パンフレットに全曲の歌詞と、脚本載せてほしかったです(めっちゃ宝塚のLe CINQ参考にしながらこれ書いてます笑)。

 最後幕閉じてからカーテンコール?で皆さん出てきてくださって笑顔で革命の兄弟歌ってくださるのが好きでした。あの瞬間の劇場の一体感を、確かに感じました。私たちは観客じゃなくて、ともに革命を目指して戦い、そして自由を勝ち取ったんだ!ぐらいの気持ちでした(落ち着け)

 全体的にリアルだった、というのが私の感想です。キスシーンとか宝塚は女性同士だと分かってるから何にも感じないけど、美男美女が演じてるときゃあって悶えちゃう。宝塚は「夢」だけど、東宝は「生」。革命は存在した!というのが結論(そらそうなんだけど笑)

 

 DVD買うけど、自分の見たキャストが分かれているので、どっち買うか迷い中…。

 東宝はどうしてこの組み合わせにしたんだろう。歌の相性とかビジュアルとか色々あるんだろうなぁ。

 値段設定も難しい。宝塚だったらB3500円だからDVD高いわ!ってなるけど、東宝版は安くて8000円だから交通費含め考えると、DVDで満足してしまう。うーむ。

 

 色んな人の感想漁りたいけど、また観に行きたくなってしまうので、どうしようかな笑

 ここまで読んでくださって、ありがとうございます!

 

 

Twitter

Twitterを、誕生日の日に作りました。

 

本当はこのブログで出会いがあればと思っていましたが、

そもそも最近ほとんどPC開かないし、スマホで事足りる。

ブログももっと書きたいけど、仕事で十分使ってるから家で使いたくない。

 

そんな状況が続いてて、でも色んな方と交流したい気持ちも確かにあって…。

 

結論として、軽い気持ちで文章が短くて済むTwitter垢を開設しました。

 

今のとこ大したことはしてないけど、

情報交換や励ましあいが心に響きます。皆さん、あったかい。

 

ブログもTwitterも就活以外のことも書こうか、ちょっと迷ってます。

てんかんのことが話題として第一ですが、いちいちテーマごとに使い分けれるほど器用ではないので、

今ハマっているCCさくらとか、フィギュアスケートや、有川浩先生の本とか、

なんでもいいから書きたいことを書こうかな。

 

ゆるゆる、考えます。

 

 

あけましておめでとうございます。

 

あけましておめでとうございます。

お久しぶりです、夕影です。

 

間が空いてしまいました…。

ブログを続けられる方々は凄いなと尊敬します。

 

就活の話をこれからも続けていきたいと思っているのですが、

その前に一つ。

 

去年の年末に、また発作を起こしてしまいました。

私は軽度のてんかんなので、発作の頻度は多くないのですが

ここ数年は増えたな、という印象です。

 

今回は倒れた時に後ろにベッドがあったので、

怪我をすることなく無事にすみました。

 

それでもやっぱり怖いです。

本当に突然来るし、倒れた本人に記憶が全くない。

あるのは強烈な眠気だけ。

何が原因で発作が起こったのだろうと、ふと考え込んでしまいます。

ストレス、睡眠不足、疲労。原因は色々あると思うけど、

じゃあどれが境界線で、どこまでなら頑張っても大丈夫なんだろう。

働いているのに、なりたい目標や夢があるんだから頑張りたいと思うのに、

体がついてこないというのが本当にもどかしいです。

薬の量も増えました。当然か…。

 

一人で色々抱えこんだら不安になったので、

今年2018年の目標を、「同じ病気の人に出会う」ことにしようと思います!

今まで目を背けていたけど、未来に見据えて向き合って、

敵対視するんじゃなくて、自分の一部として受け入れるようになれたら、と。

 

どうやったら出会えるのか分からないけど、ネットで探せばなんとかなるかな。

同じてんかんの人で、悩み、日常気を付けていること、不安、その乗り越え方。

そういったことをシェアできる友達ができたらいいな、と思っています。

 

一人暮らししたいけど、できるかな?

お酒は飲まないようにしてる?

お風呂は、シャワーだけ?

睡眠は最低六時間?

体力つけたら、発作起きにくくならないかな…。

 

もし、このブログを読んでくれた方の中で、

同じくてんかんだったり、てんかんの知人がいるとかあれば

ご連絡いただければと思います。

メッセージのやり取りだけで、だいぶ救われると思います。

 

お待ちしてます~~。

 

2016年3月(2)

今回はより具体的な就活について。

 

就活しているとよく聞かれるのが「どの業界目指してるの?」、これです。

答えるのがとても苦手でした。

当時決めていたのが、

①英語を使える、あるいは海外進出しているグローバル企業

年功序列ではなく、実力主義

③BtoBのビジネス、つまり法人向け

でした。

 

なぜ?と深堀りしていくと、

①グローバルに活躍したい。出張とか世界中を飛び回るキャリアウーマンが理想。英語と中国語を使ってビジネスをしたい。私の【理想像】を読んでもらえばなんとなくイメージできると思います。

ゆとり世代かもしれませんが、正直年功序列制がこれからも続いていくとは思えません。上の世代は抜けないし、そもそもやっている仕事が成果だしていなくても会社に長くいればエスカレーター式に出世できるなんて、おかしいと考えていました。

 大手企業でも何が起こるか分からないのに、ちんたら長く待っている暇はありません。年功序列制はバブル期なら通用しても現代は通用しない。

 またもう一つ大きな理由として、私が大学時代アルバイトしていた雇用先が突然倒産したこともあります。危機感が生まれました。入社したら安全・安心・終身雇用なんて存在しない。自分から自分に付加価値をつけなくてはいけません。

③サービス業というのは肉体労働かつ就業時間が長い割に、給料が低いとバイトしてて感じました。サビ残なんか当たり前、ずっと立ち仕事で膝にくる。もちろん自ら望んでそういった仕事に就く方もいますし、実際バイト先の社員は仕事に誇りをもって働いていました。その方々を否定する気はありませんが、私は「座ってお仕事したい」って思いました。オフィスワークがしたかった。

 それから未知の世界を体験したかった。BtoCは生活していれば実感できるけど、BtoBは飛び込んでみないと味わえない。自分の知らない世界をみてみたかったのです。

 

 ここまでざっと総合すると、目指す企業の理想は

「法人ビジネスを展開する、グローバル展開を行う、比較的新しい会社」と、なります。

 

 そんな感じだったので、私は特に志望業界はありませんでした。

 職種は総合職希望でしたが、そもそも総合職っていう区切りも嫌いでした。ぼんやりしすぎて何をするのか全く見えてこない。ですが就労経験がない新卒だからそんなもんかと、納得はしていました。

 当時のスキルは「TOEIC595点」「HSK6級」のみ。あとは平々凡々な履歴書でした。

 強いて言うならばこれから伸びるであろう業界がよかったので、自分は主に「IT」企業をメインに受けていくことになりました。

 

 次は、てんかんについて触れていきたいと思います。

 

2016年3月

まずことの始まりは2016年3月から。
大多数の人と同じように、私も就職活動、いわゆる就活を開始しました。
 
大学入学時に買った黒のスーツ、白の襟シャツ、それから角ばった黒い鞄。
足元は同じく黒の踵の低いヒール。黒に戻した髪は首の後ろで縛って垂らす。
証明写真はわざわざスタジオで撮影し、しっかり修正済み。
履歴書は学校で買ったものを、透明のクリアファイルに入れてました。
 
完全にどこにでもいる就活生。
強いて言うなら、スカートではなくズボンを履いていたのが違いといえば違いでしょう。
リクルートスーツは嫌いでしたが、ジャケットを羽織ると適度な緊張感があって好きでした。
 
当時、私が描いていた未来は次のようなものでした。
【未来予定図】
2016年6月には内々定で、夏休みはリゾート地でアルバイト。無事卒論を提出したら、卒業式前にキューバマチュピチュ・ウユニ塩湖に旅行に行く。
2017年。22歳。大学を卒業し、就職。東京にて一人暮らし開始。
2020年。25歳。英語・中国語ともにペラペラ。海外転勤もいいけど、東京オリンピックの盛り上がりも体験したい。
2023年。28歳。海外移住。シンガポールとか温かくていいよね、移民も多いし。マリンスポーツ楽しみたい。
2026年。30歳。結婚。猫を二匹飼いたい。
2028年。32歳。育休中?専業主婦になる予定はないから、休暇取得?
 
ざっとこんなものです。夢が詰まってますね。
 
そして理想はキャリアウーマンでした。
【理想像】
空港でコツコツとピンヒールを鳴らしながら、スーツケースをゴロゴロ転がす。
アイロンのかかったぴしっとしたキャリアスーツ。紺色で白い縦ラインが入っててすっきり細身に見える。
ブラウスにサングラスをかけて、片手にはホットコーヒー。
時間があれば小型軽量のノートパソコンを開いて、メールチェック。スマホには随時電話やチャットが入ってくる。
会社では英語を自由に駆使して、会議でも積極的に発言。接する同僚はいずれも有名な大学卒やMBA取得者ばかり。人種もそれぞれで、ダイバーシティな空間…。
最新機器を扱いつつ、時代の最先端を行き、一年の半分は出張…。
 
こうなりたい、という像は欲求と夢はありました。
周りの友人にも「キャリアウーマンっぽい」なんていわれて調子に乗ってました。
【未来予定図】はかなり修正がいりそうですが、【理想像】は一年経った今もあまり変わっていません。
 
ひとまず、この回はここまで。
どれほど書いていいのか、まだ手探りです。
 

まずは、初めましてから。

どうやら、自分は思っている以上に見栄っ張りで、どうしようもなく誇り高い。
それから、すらすらと嘘がつける。良くも悪くも。
 
ただ、嘘つきは苦しい。
私は自分が自分でいられる場所を探して、これを書いています。
 
これは、私の就職活動の足跡です。
 
なるべく個人情報は書きたくありませんが、それでは話が進まないので簡単に自己紹介を。
 
初めまして、夕影です。ペンネームは適当。
関西在住の17卒です。性別は女。
私大文系で、趣味は読書と旅行。
そしてタイトル通り、てんかん持ち。もう8年になるでしょうか。
 
詳しくは、これからお話しようと思います。